たっちあっぷ

 

 

チャレンジするリーダー、起業家、イノベーターのみなさん、

おはようございます。宮本です。

 

 

起業をするとき、とても大事なのが

 

ストーリー性

 

なんです。

 

 

AKB48もスタート時期は、

観客が1,2名しかいなかった…とか、

 

気象衛星ひまわり以前の気象予報に欠かせなかった

富士山レーダーは、関係者の信じられない努力によって設置された話など。

 

 

私たちは、共感することから

こういうストーリーも含めて購入するんです。

 

 

今年5月、熊本にあるスポーツバーが開店しました。

 

店名は、

 

たっちあっぷ。

 

私は最初この店名を聞いたとき、

あだち充さんのファンなのかな?くらいにしか思っていませんでした。

 

 

いまから、19年前の夏。

 

高校野球夏の大会決勝戦は、球史に残る好ゲームでした。

 

熊本工業高校 対 松山商業高校

 

延長戦に入った10回裏、熊本工の攻撃。

1死満塁で「それ」は起きました。

 

バッターは、ライト方向にフライを打ちました。

 

その瞬間、

 

選手をはじめ、視聴者も3塁ランナーの生還を確信しました。

 

次のバッターも優勝を確信し、ガッツポーズをしていました。

 

松山商の関係者もなかば諦めていたかもしれません。

 

 

松山商の右翼手はキャッチし、必死にホームに返球しました。

 

3塁ランナーは、チームでも1,2を争う俊足。

 

返球されたボールは、

走者の顔面すれすれを横切り、捕球した捕手のミットが、

走者のヘルメットに当たった!

 

「アウト、アウト!」

 

 

結局、熊本工は

11回に3点を奪われ敗戦しました。

 

 

たっちあっぷの店主は、このときの3塁ランナー。

 

彼は、あの試合以降、

ずっと苦しんできたそうです。

 

タッチアップしながら、ピースサインしてたんじゃないの?

 

とか、

 

楽々生還と思ってのんびり走ってたからタッチアウトになった!

 

という「評論家」の言葉。

 

たっちあっぷの開店のきっかけは、店主の知人が連れてきた元高校球児。

 

その球児こそ、

 

あのとき好返球をした松山商の右翼手でした。

 

実は、彼も苦しんでいたということがそのとき分かったそうです。

 

彼は、元々先発メンバーではなく、

あのプレーの直前に交代で右翼手に入り、思い切り投げたら、たまたまできた。

 

大学や会社で人と会うたび、

「すごいやつ」

と期待されるのがつらかったそうです。

 

そんな再開が

きっかけとなって開店したのが、

 

たっちあっぷ。

 

熊本に行ったら、

ちょっと覗いてみたくなりますよね?

 

 

みなさんも

ストーリーを作ってみましょう!

 

 

ガスケ選手はなぜ20位でくすぶっているのか?

 

チャレンジするリーダー、起業家、イノベーターのみなさん、

こんにちは!宮本です。

 

 

日本では、

錦織圭選手が2回戦で負傷棄権してから、

ウィンブルドンの話題をあまりみませんが、

 

イギリスでは、

まだまだ熱いゲームが展開されていますよ〜。

 

フランス出身のリシャール・ガスケ選手が、

全仏王者で第4シードのワウリンカ選手をフルセットで制し、

 

ベスト4進出

 

を決めました。

 

ガスケ選手は、

29歳でATPランキングは現在20位です。

 

今回の準決勝進出で、

グランドスラム3度目の4強入りを果たしたことになります。

 

錦織圭選手は、

グランドスラムでの4強入りの経験は

 

1回(全豪オープン)

 

であることを考えれば、

 

ガスケ選手がランキング20位でくすぶっているのには

何か原因があるような気がします。

 

グランドスラムで3度も

準決勝に勝ち残れたということは、

 

実力は十分にあるハズ。

 

なのに、20位ということは

他の大会で結果を出せていないとも言えますよね?

 

これは、

 

・気分のムラがある

(スイッチが入れば強いが、入らないとあっさり負ける)とか、

 

・コンディションのコントロールがうまくいっていない

 

などの理由がありそうな気がします。

 

 

私たち起業家やリーダーも

ガスケ選手のように伸び悩み(頭打ち)と感じるような状況に陥ることがあります。

 

 

そういう時には、

内にこもっていないで、メンター、トレーニング、交流会など

積極的に人と接する機会を

 

意図的に

 

設けることをオススメします。

 

錦織選手がマイケルチャンを受け入れたことで

ブレークスルーしたようなことが起こり得ますから

 

 

ガスケ選手の準決勝の対戦相手は、王者ジョコビッチ選手。

 

ジョコビッチとは今年の全仏オープンでも対戦しており、

その時はジョコビッチがストレートで勝利しています。

過去の対戦はガスケから見て

 

1勝11敗。

 

 

ガンバレ!

 

 

起業家がウルトラマンに学ぶこと

チャレンジするリーダー、起業家、イノベーターのみなさん、

こんにちは!宮本です。

昨日、ググった人は

あれ?

と思った人もいたのではないでしょうか?

昨日は(7月7日)、

「特撮の神様」と呼ばれた円谷英二さんの生誕から114周年。

で、それを祝って、

グーグルはトップページのロゴを特別バージョンにしたのだそうです。

円谷という名前を聞いて「?」と思った人も、

ウルトラマン

と聞けば、「!」となりますよね。

今でも人気が衰えないそうです。

ウルトラマンシリーズの直前に放映していたのが、

ウルトラQ

という番組で、

ウルトラマンは登場せず、

放射能のせいで巨大化したミステリアスな生物などが出てきてちょっと怖かったような記憶があります。

確か、アメリカの有名な映画、

トワイライトゾーン

にinspireされたと円谷監督が仰っていたと思います。

円谷監督のように、

何か新しいチャレンジをするときには、

何かに刺激を受けたり、学ぶこと、

そして、

頭の中だけでなく、「実際に訓練すること」が大切ですよね?

私が起業したときには、

ノウハウ系の情報はたくさんありましたが、

・起業するときに欠かせないこと、

・数年後を見据えたビジネスアイディアを考えること、

・単なるアイディアを確実に実現させる方法、

を学ぶ場もありませんでしたし、

・起業直後や準備期間に、

悩みや不安を共有し、助け合う仲間と知り合う場

もありませんでした。

そんな場があったらよかったな〜と

今でも思います。

よくやった!なでしこジャパン。

 

チャレンジするリーダー、起業家、イノベーターのみなさん、

こんにちは!宮本です。

 

 

おかげさまで、最近超忙しい〜。

 

 

なでしこジャパンは準優勝でしたね。

私たちに、またまた感動をくれました。

試合後の選手たちのコメントからは、悔しいという言葉とともに、

前向きな言葉や、チームメンバーを思いやる言葉がにじみ出ていましたね。

 

私たちは、

ピッチの中だけでなく、彼らの日常の話にも惹きつけられます。

 

 

私も人前で喋る仕事をしていますが、

こういう仕事って、自己満足では成り立たないんですよね。

 

誰かに何かの価値を提供しなくてはいけない。

 

対価を払って、

わざわざ足を運んでくれるわけなので、

 

それに見合う、いや

それ以上の価値を提供しなくてはならない。

 

だけど、自己満足に陥っちゃうことが

多くあるんです。

 

なぜか?

 

それには大きな理由があると思うんです。

 

それはエゴです。

 

受講者の評価がたとえ低くても、

受講者の反応がたとえ悪くても、

受講者数がたとえ少なくとも、

 

自分のせいと思わないことがあるんです。

 

集客した人が悪くて、

受講者が悪い。

 

 

そんな講師、最悪だ!

 

 

と思うでしょ?

 

私もそう思います。

 

でも。

 

誰しもがそう思っちゃう瞬間があるんです。

 

「どうしても合わない」人っているんです。

 

正直に告白すれば、

私だって今までに受講者のせいにしてしまったことはゼロではありません。

 

でも誰かのせいにしてても

誰にとっても何の得もないので、次の日には忘れることになっています(笑)。

 

 

もちろん、「常に」誰かのせいにする人は完全にNGです。

 

 

 

そんな講師は、

早晩淘汰されるでしょう。

 

でも、目先には仕事があるんです。

 

だから、態度を改めようとはしないのです。

(あるいは、向上する能力もないのかもしれません)

 

なぜ、目先に仕事があるか?

 

発注する立場に立てば、

よほどのことがない限り、未知の講師より、

(素晴らしくなくとも)実績のある方が安心なのです。

 

誰しも余計なリスクを負いたくないですよね?

 

だから、しばらくは仕事があるのです。

 

 

それと…

 

独立している講師って、

大抵個人事業主であることが多いのです。

 

すると、

ピアレビュー(同僚同士のレビュー)がないため、

自分のパフォーマンスの良し悪しがハッキリとはわかりません。

 

切磋琢磨の機会が少ないんですよね〜。

 

私は志を同じくする仲間を集まってもらって、

互いに切磋琢磨する場で厳しいコメントを喜んで受けるようにしています。

 

同じようなことが起こりうる、

企業のトップ、

個人事業主、

起業家などのみなさん、

 

ぜひ、フィードバックの場を意図的に作ることをお勧めします。

 

うなぎコーラ。。。これは非常識なA+Bだね!

チャレンジするリーダー、起業家、イノベーターのみなさん、

こんにちは!宮本です。

私は常日頃、

非常識なA+B法

ついつい気になるアイディアを普段から考えよう!

と言っていますが、

これはまさに。

その名も、うなぎコーラ。

清涼飲料メーカーの木村飲料(島田市)は21日、

ウナギのエキスを配合したコーラを発売する。

ウナギ風味という奇抜さと、静岡県の特産品であるウナギのご当地感を売りに

全国のスーパーや県内の土産物店を中心に初年度で約60万本の販売を目指す。

ちなみに、

「うなぎコーラ」は

ウナギのエキスを配合しており「飲んだ後に魚の香りがする」

(木村飲料)のが特徴なのだそう。

(出典:日経新聞電子版 2015年7月3日)

売れるかどうかは、

どれだけ「長く」「広く」愛飲されるかにかかっているにしても、

ついつい気になっちゃうのは事実ですよね。

飛躍の条件

チャレンジするリーダー、起業家、イノベーターのみなさん、

こんにちは!宮本です。

企業もリーダーもまさに同じですよね。

進化し続けなければ、生き残っていけない。

ピータードラッカーも言っています。

現代は変化の時代。

私たちは変化をコントロールすることはできない。

しかし、変化の先頭に立つことはできる。

そうしなければ、生き残ることは困難だ。

私たちは、

変化を脅威とみなすのではなくチャンスと捉えることが重要だ。

 

変化を受け入れ、適応し、学び、挑戦し、

それでも成功するとは限らない。

しかし、

未来を自分たちの手で切り開かなければ、成功することはない。

変化するということは、リスクをはらんでいるとということです。

錦織選手も相手に対応するためにそのプレースタイルを変化させることは、

大きなリスクを伴っています。

しかし、

それを恐れて変化しないことの方が

彼にとってはマイナスのインパクトがあるということなのです。

リスクをネガティブなことと考えず、チャンスと考えることが

大きく飛躍する条件

なのです。

進化し続けなければ、勝てない

チャレンジするリーダー、起業家、イノベーターのみなさん、

こんにちは!宮本です。

今年に入っての錦織選手は精彩を欠いている試合があります。

ジョコビッチは昨年、

今年の錦織選手を予言するような発言をしています。

「トップ5の戦いは、異次元の戦いだ。

圭はこれからそれを知ることになるだろう」

トップ選手になると、

みんなが研究に研究を重ねて戦いに挑みます。

錦織選手の得意なショットを封じ込めようと、

各選手は戦略を練り直し、訓練を重ねます。

マイケルチャンは当然のように言います。

「進化し続けなければ勝てない。」

これを聞いて、ハッとしませんか?

企業でも同じことが言えるということです。

自分を信じられるかどうかが、分かれ目

チャレンジするリーダー、起業家、イノベーターのみなさん、

こんにちは!宮本です。

残念ながら、

錦織圭選手は、ウィンブルドン(全英オープンテニス選手権)2回戦を棄権したようですね。

前回大会で痛めた左足ふくらはぎが原因のようです。

早く良くなってほしいですね。

先日テレビを見ていたら、

錦織圭選手の苦闘についての番組を放送していました。

2014年年初までの2年間、

錦織選手は10位の壁を破れずに苦労していました。

その頃、

たまたまとんねるずの番組で知り合った

マイケルチャン

をコーチに招聘しました。

マイケルチャンは、

早速、戦略を見直すとともに錦織選手のメンタル面を強化しました。

それまで彼は

ベースラインの後ろ1m-1.5mのところで打っていましたが、

それだと、

左右に振られる幅が広くなるのと同時に、

(相手の)トップスピンボールによって、彼の身長より高い打点で打たざるを得ないため、体勢を崩して次のボールで決められてしまうことが多かったそうです。

そこでマイケルチャンは、ベースライン(いままでより1-1.5m前)で打つ作戦に変更させたそうです。

これによって、

振られる幅が狭くなり、体力を温存できるばかりか、相手に早くボールを返すため、相手に準備をさせる時間を与えないことになりました。

これは、かなり上位選手を悩ませることになりました。

さらにメンタル面では、

自信を持て!

と何度も叱咤したそうです。

昨年11月の全米オープンで王者ジョコビッチを破って

準優勝したのは記憶に新しいところですよね。

(続く)

 

なでしこジャパンの活躍の裏

スクリーンショット 2015-06-27 14.39.52

   メルマガ登録はこちら↑から!

チャレンジするリーダー、起業家、イノベーターのみなさん、

こんにちは!宮本です。

やりましたね〜!

なでしこジャパン。

イングランドを下して、いよいよ決勝進出です!

決勝点は、イングランドには不運なオウンゴール。

フォワードに通りそうなパスをカットしたのですが、

それがオウンゴールになってしまいました。

決勝戦は、アメリカ。

W杯前回大会と同じ相手です。

前回大会時、日本は対アメリカ戦の成績は、

ナント!

0勝22敗

だったそうです。

優勝に導いた佐々木則夫監督は、

それまでの監督とは

一風異なったチーム運営をしていたそうです。

基本的には、

「選手たちに考えさせる」

を徹底しているようです。

例えば、試合後の振り返りミーテッィングの際にも、

監督が仕切るのではなく、

選手から自主的にファシリテーターが出てきて、

レビューを行うのだそうです。

私たちはよくこう言います。

「あぁ、部下にはもっと自律的になってほしい。」

「ちゃんと自分の頭で考える部下はいないものか?!」

この言葉を口にしたら、

天に唾するようなものだと考えるべきです。

自らを振り返ることが必要なサインなのです。

つまり、

リーダーであるあなたが、

部下の自律性を削いでいる可能性がある

ということなんです。

残念ながら人間は

誰か考えてくれる人がいるとそれに甘えてしまい、

考えることを止めてしまう傾向になります。

しかし、一方で、

「何かを問いかけられると考えずにはいられない」

という、

スバラシイ一面も持っているのです。

リーダーは、言いたい気持ちをぐっと堪えて、

部下の自律性を育むために常日頃から

その訓練をさせる環境を作ることが重要なのです。

スクリーンショット 2015-06-27 14.39.52

   メルマガ登録はこちら↑から!

共感で影響力を発揮するのです

スクリーンショット 2015-06-27 14.39.52

   メルマガ登録はこちら↑から!

 

 

チャレンジするリーダー、起業家、イノベーターのみなさん、

こんにちは!宮本です。

 

 

 

共感することができたら、

あなたは相手にとって

「かけがえのない人間」になります。

だって、ほとんどの人はよほどのことがなければ

共感してくれないのですから。

想像してください。

あなたを否定せず、

かと言って過度におだてるわけでもなく、

しかし、

あなたの価値観を

きちんと理解してくれる人の存在は

あなたにとってどんな意味がありますか?

あなたがもし誰かに影響を及ぼし、

リーダーシップを発揮したいのであれば、

まずは

共感力

身につけることをオススメします。

 –

スクリーンショット 2015-06-27 14.39.52

   メルマガ登録はこちら↑から!